私が120kgから65kgまで痩せたダイエット方法(食事編)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

はじめまして。私は28歳の男性です。

身長173cm体重は65kgです。

ページタイトルにあるように私は、体重120kgから65kgまでのダイエットに成功しました。期間は3年ほどかかりました。

ここではどのようにしてダイエットを成功させたのか、その方法をご紹介していきたいと思います。

運動編と食事編に分けてご紹介していきたと思いますのでよければ運動編の方にも目を通してみてください。

それでは食事編についてご説明していきます。

基本的には糖質制限ダイエットを取り入れた食事制限をしていました。

それでは、私が120kgから65kgまでのダイエットに成功した方法(食事編)を詳しくご説明していきます。

目次
1・糖質制限ダイエットとは何か
2・3年間ずっと続けたの?
3・食事を摂るときに心がけること
4・具体的に何を食べていたの?
5・食事を摂る時間帯
6・やっぱり最初はぐんぐん体重が落ちる
7・運動もしました
8・まとめ

1・糖質制限ダイエットとは何か

私は主に、糖質制限を心がけながら食事をしていました。

糖質制限とは食べ物に含まれる糖質(炭水化物)をなるべく、摂取しないように食事をする

というものです。

太る原因は、私の場合、糖質の過剰摂取であると自己分析をした結果、カロリーを制限するダイエットではなく糖質制限によるダイエットを選んだというわけです。

その他ににも私が糖質制限ダイエットを選んだ理由として、基本的に肉は食べ放題だから

というデブならではの理由も大きいでしょう。

ただ、三年間で『例外の日』を除いて、お米、パン、麺類、砂糖の含まれるお菓子、砂糖の含まれる飲み物、は一切口にしませんでした。

やはり、楽に痩せらる方法は無いと肝に銘じておいた方がいいかもしれません。

糖質制限について詳しく知りたいと言う方はこちら『効果的な糖質制限ダイエットのやり方』をご参照ください。

2・3年間ずっと続けたの?

では、私は3年間毎日糖質制限を続けていたのでしょうか。

答えはNOです。

基本的には毎日続けていましたが、上でも触れた『例外の日』と言うものが存在していました。

いわゆる、チートデイというやつです。

チートデイとは、簡単に言うと

ダイエット中の停滞期が訪れた時、1日だけ自分の食べたい物を好きなだけ食べる

という夢のような日のことを指します。

私の場合は1ヶ月から2ヶ月に一度、停滞期が訪れました。

順調に落ちていた体重が1週間ほど、全くと言っていいほど落ちなくなります。

なぜか増える日もありました。

そこで一発チートデイを取り入れるのです。

私の場合は全く加減せずに食べまくるので1日で3〜5kgくらい太ります。

しかし数日経つと、また順調に体重が減り始めます。

チートデイのメカニズムを簡単に説明すると、

食事制限によって体が飢餓状態であると脳が認識する

体にエネルギーを温存しようとする働きが脳から伝達される

エネルギーを溜め込む=体重が落ちない

大量の栄養を体に取り入れる(チートデイ)

体が飢餓状態ではなくなったと脳が認識する

また体重が落ちる

と言った感じです。

チートデイについて詳しく知りたい方はこちら『チートデイとは』をご参照ください。

しかし、チートデイを取り入れることはかなりのハイリスクであることは間違いありません。

私もチートデイに失敗して軽いリバウンドを経験しました。

失敗のパターンは、大きく分けて2つありました。(あくまで私の場合です)

1つ目は2日以上ずるずると食事制限を怠り、チートデイを続けてしまうパターン。

これは完全に私の意思の弱さの問題です。

チートデイはきっちり1日で終わらせなければ、ただの暴飲暴食になってしまいます。

2つ目は停滞期の見誤りです。

完全に停滞期に入っていない状態にチートデイを行なってしまうと、これもまた、ただの暴飲暴食になってしまいます。

これらのことに気をつければ、ダイエットの最大の敵といっても過言ではない停滞期を乗り越えられるはずです。

下手をすれば、停滞期待ち、といった気持ちになってしまうかもしれませんね。笑

3・食事を摂るときに心がけること

当たり前ですが、糖質は摂取しないようにします。

しかし、牛肉や豚肉の脂(脂質)は全くと言っていい程気にしていませんでした。

これは健康面からいえばあまり良くないのかもしれませんが、こと、ダイエットにおいては特に問題なかったように感じます。

健康面とこ兼ね合いは各自いい具合で調整してみてください。

4・具体的に何を食べていたの?

おおまかにいうと、肉、魚、卵を主に食べつつコンビニで販売している低糖質食品を食べていました。

肉、魚ならば基本的になんでも有りです。

焼肉屋さんにも普通に行っていました。ただし、お米とお酒は頼みません。肉だけ。

注目すべきはやはり、コンビニエンスストアに置いてある低糖質食品でしょうか。

近年では、この糖質制限ダイエットが主流になりつつあり、食品業界も力を入れているようで、おいしい、しかも一見糖質たっぷりに見えるものまで低糖質食品として販売しています。

ローソンで販売している『ブランパン』が個人的に大変オススメです。

他にも、ファミチキやLチキといった揚げ物も食べていました。(揚げ物に関しては、少量ですが衣に糖質が含まれますのでできれば食べない方がいいかも)

ほかにも鯖や秋刀魚などの調理済み食品もよく食べていました。

甘いものが欲しいときは、人工甘味料でなんとか我慢していました。

詳しくは、こちら『効果的な糖質制限ダイエットのやり方』の5章をご覧ください。

家ではスーパーで豚バラ肉を買ってきて適当に炒めたものや、牛モモ肉をローストビーフ風に調理したものを作っていました。

レシピはとっても簡単なので誰でも作れると思います。

まとめると、肉!肉!!肉!!!といった具合です。(たまに魚、おやつにゆで卵)

5・食事を摂る時間帯

時間帯に関しては、『寝る前に何か食べると太りやすい』という言葉を一応信じて、遅くても20時には済ますようにしていました。

しかし、3年も続けているとどうしても夜遅くにお腹が減って我慢できなくなってしまう夜もありました。

そんな時は、ゆで卵を2個くらい食べてしまっていました。(マヨネーズたっぷり)

これについては、癖になってしまわないように気をつけてさえいれば、さほど、ダイエットの妨げになっているとは思えませんでした。(個人差はあると思います)

ストイックにダイエットをして、ストレスが溜まってしまうと日常生活に支障をきたしかねないので、適度に手を抜くことも大切なのかもしれません。

6・やっぱり最初はぐんぐん体重が落ちる

ダイエットを始めた当初は体重が120kgにまで達していました。

やはり最初は面白いように体重が減ります。

波に乗っている時は、1日1kgのペースで減っていきました。

ここまで気持ち良く減量できると、モチベーションも高くなり、ダイエットを継続しやすいです。

しかし・・・

体重が90kgを切ろうかというあたりで、これまでぐんぐん減っていた体重が、それまでに比べると落ちづらくなっていくように感じました。

停滞期も心なしか増えていき、モチベーションも低下しがちです。

しかし、自分が目標としていた65kgまではまだまだ遠い道のりです。

ここからは、食事制限はもちろんですが運動に力を入れ始めました。

詳しくわこちら『私が120kgから65kgまで痩せたダイエット方法(運動編)』

食事制限だけでも少しずつ体重は落ちていくのだと思います。

しかし、早く効果を得たい!という方は運動をしてみるとより効果的でしょう。

7・運動もしました

3年で55kgの減量を成功させるには、やはり運動も必須です。

私は筋トレと有酸素運動、両方行いました。

色々やりました。

詳しくわこちら『私が120kgから65kgまで痩せたダイエット方法(運動編)』

運動をすることによってやはり、簡単に痩せる方法は無いんだと痛感しました。

私レベルの減量を成功させたければ、食事制限と運動を併せてやる必要があります。

しかし、軽いダイエットや時間が掛かってもいいという方は、糖質制限だけでも十分な効果は得られるはずですので試してみてください。

8・まとめ

『私が120kgから65kgまで痩せたダイエット方法(食事編)』いかがでしたでしょうか。

言ってしまえば糖質制限ダイエットです。

近道はありませんので是非、強い意思の元実践してみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

サイト内検索

アーカイブ

コメントを残す

*