ダイエット停滞期を抜け出す!?正しいチートデイとは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

ダイエットについて色々と調べていると、チートデイという言葉を聞く機会があった方も少なくないのではないでしょうか。ここでは、チートデイとは何か、正しいやり方、どういう仕組みかをご紹介していきたいと思います。ぜひ、みなさんのダイエットライフのご参考にしていただければ幸いです。

チートデイとは?

チートデイとは?

目次
1・チートデイとは何か
2・チートデイの仕組み
3・正しくチートデイを行う

1・チートデイとは何か

チートデイとは、簡単に言うと『停滞期に暴飲暴食すること』です。ダイエット中は基本的にカロリーや糖質を制限して食事を摂っている方がほとんどだと思います。しかし、ここで紹介するチートデイは普段制限しているカロリーや糖質の摂取量を完全に無視して、好きなものを好きなだけ食べてもいい日のことを指します。そんなことをしてしまったら、リバウンドするんじゃ・・・と考える方がほとんどだと思います。もちろんチートデイにはリバウンドしてしまうリスクを負ってしまうのは間違いありません。しかし、正しくチートデイを行うことによって停滞期を脱することができます。
この文章を読んだ方は、まだチートデイの危険性の方が目立ってしまって、実行するのに二の足を踏んでしまう方も多いでしょう。では、どのような仕組みでチートデイを取り入れて停滞期を脱するのか。その仕組みをご紹介していきます。

 

2・チートデイの仕組み

ダイエットと切っても切れない縁、それは停滞期。その停滞期を突破できるのがチートデイ。ここではチートデイを取り入れることによって、なぜ、停滞期から脱出できるのか。その仕組みを簡単にではありますがご説明していきたいと思います。
ダイエットをしていて順調に体重が落ちてくるとモチベーションが上がって、さらにダイエットを頑張れる!という方も多いと思います。しかし、順調に落ちていた体重がある日を境に全く落ちなくなってしまう。これが停滞期です。まずは、なぜ順調に落ちていた体重が停滞してしまうのか。これについて簡単にご説明します。停滞期に陥ってしまっている時、あなたの脳は『体が飢餓状態になっている』という認識をしてしまっています。すると、どうなるかというと、エネルギー消費を抑えて体の中に蓄えようとしてしまいます。つまり、痩せづらい体になるように、と脳が命令を下した結果、停滞期が訪れるのです。
チートデイはこの、痩せづらい体にしようと命令を下している脳を騙す作業になります。いっきに、栄養を体に取り込んで、今は飢餓状態ではない!と脳に誤認させるのです。栄養過多になった体を脳が見て、『今は飢餓状態ではない』と判断させて、停滞期を脱するのがチートデイです。これだけではありませんが、簡単に説明すると、チートデイの仕組みはこういうことなのです。
しかし、やはり食べた分は体重が増えてしまいます。次は、チートデイの正しいやり方、チートデイがリバウンドの引き金になってしまわないようにするには何を気を付けるべきなのか、をご説明していきたいと思います。

3・正しくチートデイを行う

ここまで読んで頂ければ、チートデイとは何か、チートデイの簡単な仕組み、についてご理解いただけたと思います。ここからは、正しくチートデイを行うためにはどうすればいいのかをご紹介していきたいと思います。

①中途半端にやらない
いざチートデイを行う時、心のどこかで食べる量をセーブしてしまって、あまりカロリーを摂取できずにいるとあまり効果が現れないことが多いようです。そうすると中途半端に体重だけ増えて、停滞期を脱出できなるなりますのでご注意ください。

②高脂質、高糖質、高タンパク質を心がける
具体的に何を食べるのかというと、高脂質、高糖質、高タンパク質の3高を心がけてください。高脂質は脂っこい食べ物、例えばステーキの脂身やこってり系ラーメンや中華料理などなど・・・。高脂質甘いお菓子や米、麺、パンなどの主食系など・・・。高たんぱく質は豚肉や鶏肉などなど・・・。今挙げたのは一例にすぎませんので他にもチートデイに適した食べ物はたくさんありますので、興味があれば調べてみてください。

③絶対に1日で終わらせる
2日以上続けてしまうと、それはただの食べ過ぎになってしまって、リバウンドしてしまうので1日で終わらせるようにしてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

話題の人気ダイエット記事

サイト内検索

アーカイブ

コメントを残す

*