MENU

コーヒー占い


何か変わった占いはないかな、と何気に考えていたところ、ちょうどコーヒーを飲んでいたので、コーヒーで占うとかどうだろう、豆を使った占いとか?そう思いながら検索してみたら、ちゃんとコーヒー占いというものが存在していました。

 

ただし、豆で占うのではなく、コーヒーを飲んだ後の、カップの底にできる模様を見るのだそうです。
この占いはトルコに昔からあるらしく、コーヒーの粉をカップに入れそのままお湯をそそぎ、上澄みを飲むというトルココーヒーだからこそ生まれた占いのようです。

 

トルココーヒーはカップの底に大量の粉が溜まるので、飲んだ後、カップをソーサーの上にさかさまに置き、それをまたもとに返せば粉が流れて、実にさまざまな模様を描きます。それをもとに占うのですが、何に見えるかなんて人それぞれだし、そう見えるからどうなのかとかは、専門家に見てもらわないとわからないような気もします。

 

そこで、ふとイギリス制作のドラマ「名探偵ポワロ」で、ポワロが飲んだ後のコーヒーカップで占いをしていたのを思い出したのですが、てっきりあれはポワロがでまかせでやったのだとずっと思っていました。あれがトルココーヒーだったかはさだかではありませんが、ヨーロッパの濃いめのコーヒーならできそうな気もします。でももしかしたら紅茶だったかもしれません。
紅茶占いというのもやはりあるみたいです。

様々な種類がある占い

占いと聞くとどんなものを思い出しますか?星占い、タロット占い、電話占い、姓名診断にトランプ占い…水晶玉に手をかざす、といったイメージが強い方もいらっしゃるかも知れませんね。メジャーな種類にだけでも、これほどの種類があります。

 

では、辻占という占いはご存知でしょうか。聞いたことが無い方も多いと思います。道に居る易者のことをこう呼ぶこともあるそうですが、ここで言う辻占とは、古くから伝わる占いの種類のことです。日本で生まれ、かの有名な万葉集にも記述があるとか。

 

古くからのやり方は「夕方に辻に立ち、聞こえてきた言葉で吉凶を占う」というものですが、もっと簡略化することで簡単に生活に取り入れることも出来ます。少々乱暴にまとめますと、つまるところ道で耳を澄ませて通行人の言葉を聞くだけでも占えてしまうんです。手軽ですよね。

 

似た占いに、鏡聴というものもあります。鏡を持ち、聞こえてた言葉で吉凶を占うのだそうです。こちらも簡単に出来ますね。
有名どころ以外にも、面白い占いはあります。降霊術などの危険なものは避けるべきですが、害の無いものを探して実践してみるのも、楽しいかも知れません。

好きな占いについて


イタコ霊能電話占いの「陸奥」が好きです。

 

当初は現地までお客さんが赴いて、対面式で占いを受けていましたが、
現在は電話でも占ってもらえます。20分間で5,400円です。

 

霊能者(占い師)は何らかの形でイタコの修行を修了して「陸奥」の占い師になった霊能者ばかりです。

 

私はごひいきにしている先生がいます。男性ながらして、恋愛面の占いに卓越していらして、もう何度も占ってもらっています。

 

この先生の占い方法は、例えば相手の気持ちを探りたいというと、相手の名前を聞かれます。名前を告げると入神(感応)状態になります。30秒から1分嫌い無言状態が続くわけです。

 

感応状態から戻ると、見えたものを率直に伝えてくれます。この先生は当たると思っています。彼の気持ち、娘の気持ちなどを探ってもらい、後で実際に確かめたらその通りだったことばかりだからです。

 

他の先生にも見てもらったことはありますが、相性が合わなかったというか、ただの人生相談のおばちゃんにたいな感じだったので、今は、この男性霊能者の先生にのみ見てもらっています。

 

電話で気軽に占ってもらいたい人にはお勧めの占いですが、先生との相性があると思いますので、自分に合った人を見つけられると良いと思います。

更新履歴